Top | RSS | Admin

2006.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007.01


recent comments



スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


死とは何か、考えてみなくもない。 ++++++++ 生命

2006/12/22 01:55

死の概念というのは理屈で分るが言葉にすると難しい。

単純に数字で表すなら現に生きている者を1とする
生の無いものは0と表現出来るだろうか。

そのように存在を表すならば、その境にあるものは「魂」と言う事が妥当だろう。

逆に考えると「存在しない」事を否定するものが「魂」。
それ以外のものは表現をしない。
ようは、存在する「有」であり「1」。
存在しないものを「無」もしくは「0」。


では、魂とは何を表すのだろうか。

安易に考えるとすれば「自我」であろうか。
しかし、その「自我」たるものを証明するのは難しい。

自我の言葉で先に連想されるのが自己活動に
想像、予測、過程からなる予測行動、

それと生存するたる上で存在意義を思想する宗教。

この環境、世界、宇宙、全てのものを入れる為の器である。

この定義を発想出来る存在こそ自我をもつものと考える事が多々ある。

生を持ちたる人間、もしくは生物に自我を表す場合、人間以外を除く事が多い。

その理由として役割を果たすのは先ほど述べた「宗教」の可能性が高い。

存在思想の定義を考えないと思われているからだ。

存在(もしくは個)を表す場合の自我を述べる場合に語られる「神」という存在、


この存在は[死=無]との考えを根本から否定する存在である。

生物が生きるうえで必要な目標、個たる存在の証。

つまりは存在意義の無い事を否定するものが「神」である。

この場合は神たる存在が「0」となる。

「0」という記号で表す無に近い存在の証明、

その概念たる無を否定し、かつ生存も否定するものそれが「宗教」と言えるのではないか。

そもそも「死」とはなにか。

それが「無」であるなら証明は出来ないであろう。

なぜならそれ時点が「無」であるのだから。

無たる存在を形にする事自体が難しいのかもしれない。

では「神」の形で当てはめてみよう。

その場合も媒体たる教祖、聖者、能力者などが語るのであって

実際その存在を触れる人間は皆無であろう。



死の概念を「無」ととるか「有」ととるか。


小さいかもしれないが、大きいことかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ=モノの見方、考え方。 - ジャンル=心と身体

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


次々とお亡くなりに・・・。 ++++++++ 報道モノ

2006/12/20 23:51

岸田今日子さんに青島幸夫さん、そしてカンニングの中島忠幸さん。

なんて言うんでしょうか・・・。

勿体無いです。

岸田さんも青島さんもまだやる事があっただろうに。

中島さん、来年復活するって言ってたじゃないですか!

どうしてでしょう・・・。

なんとも・・・。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


積水ハイム東海のCMも面白かったりする。 ++++++++

2006/12/18 02:13

今回もYou Tubeで見っけたモノです。

積水ハイム東海のCMです。

東海地方の方々は知っているのでしょうが

小生は蝦夷地なので初めて見ましたよ。

しかも連続モノですよ。

腹筋痛いです~。




と、まあ前置きはコレくらいとして。

どぞー。

(-ω-)ノ







[いつの間にかノーベル賞とってにかわってる]






[即答]





[
神様、仮病を使うの巻き]






[パパキタ━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!]




・・・小生は笑えたけど、どんな塩梅でっしゃろ?

小生としては、最後の社員がキレそうになっているのが一番笑えました。


では!(-ω-)ノ

テーマ=YouTube動画 - ジャンル=テレビ・ラジオ

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


I am a coward. ++++++++ 日常

2006/12/17 01:56

気にしないでください。

唯の独り言です。
矛盾しますが読まないでください。
→ more・・ ・

テーマ=ひとりごと - ジャンル=日記

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


バンコク保険のCMが面白いとの話。 ++++++++

2006/12/16 02:39

おコンバンワ。

夜な夜な動いているの小生が来ましたよ。

で、今回もCMな話です。

とは言っても今回は面白いCM。


・・・いやね、今日、ニュース23を見ていたらカンヌ国際広告祭のフィルム部門で金賞を受賞した『バンコク保険』のCMを放送していたのですよ。

でね、このCMがメチャ面白いのですよ。

で、今回もまたYou Tudeにあったので貼ろうかなと思いまして。



今更ながら、CMって奥が深いな~と思う今日この頃です。


また前置きが長くなりましたね。

では、どうぞ。

(-ω-)ノ






タイヤ編
[無事帰還致しました!]





竜巻編
[浦安鉄筋家族]





強盗編
[因果応報]



ちなみに強盗編が一番笑えました・・・でも、考えてみると強盗編だけ被害がでてますね~。


自分で撃ってもでるんでしょうかね?

テーマ=CMの話題 - ジャンル=テレビ・ラジオ

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ソフトバンクのCMに悪意(いじめ)が感じられる件について。 ++++++++ 日常

2006/12/15 01:30

You Tubeに映像があったので
とりあえずそれを見て下さい。





友達を大切に。



小生思いますに・・・・




このCMの言いたい事は・・・・






ソフトバンク携帯を使わないと

仲間はずれにされるぞ!



との事ではないかと。



コレって



いじめを助長してませんか?




よくもまあ、この御時勢にこんなCMを採用しましたね。


まあ、アメリカなどの国ではこの様なCMは少なくないようですが、日本向きではないですね。

正直、不快感でいっぱいになりました。

ばんえい競馬の事なんて帳消しにしてしまう程の破壊力です。


とりあえず、小生はどうしようもない事が起きないかぎり

絶対ソフトバンクにしません!

テーマ=CMの話題 - ジャンル=テレビ・ラジオ

トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


恋はみずいろ[You Tube癒しの曲シリ~ズ] ++++++++ サントラ系音楽雑記

2006/12/14 02:21

ポール・モーリアって良いですよね。

どうも小生です。

(-ω-)ノ

いやね、先生に寝不足はいけないって言われているのですが、眠れないのだから仕方ありません(笑

で、更新しないのもなんなので、色々見つけた「You Tube」でも貼っておこうかなと思いまして。

早い話が手抜きです(笑



ポール・モーリアさん、つい最近お亡くなりになりましたね。
彼の曲はどれも素晴らしく、特にこの曲は大好きでして。

ちゃんとレコードも持ってますよ。
・・・と言っても祖母様からのもらい物ですが(笑

レコードプレイヤー直さないと。


話がそれました。


え~。
この曲は最近では

『水10ココリコミラクルタイプ』に出てくる『目に付く男』のテーマ曲でも有名みたいで、たまたま着信音をその曲にしていたら、
通りがかりの女子高生に「その曲おしえてくれませんか!?」なんて言われた事がありました。


あのコント、小生も好きです。


まあ、前置きはコレくらいとして、


では、どうぞ。






良い曲です。



・・・あ、そうそう。前に『目に付く男』も載っていたのですが消去されたみたいです。

テーマ=お気に入りミュージシャン - ジャンル=音楽

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


Own evaluation. ++++++++ 日常

2006/12/12 03:25

さっき色々と自己評価してみました。

・・・汚い言葉しか出ませんでした。

どうも自分には途轍もなく厳しいみたいです。

・・・と、この様に感想を文章化しているという事は逆に自分に甘いという事でしょう。

難しいです。


過去の事ばかり考えて、この様な状況にしたのは自分の考えなのに回りの人のせいにするかなりのアマチャンです。

しかも、この前なんて幼馴染に救いを求めようと考えたのですからかなりの重症です。

巻き込んではいけませんよ。まったく。

世間では鬱が流行しているようですが小生もその心配をされまして。

まあ、自分でも精神がかなり弱ってきている感じがしますがまだまだ大丈夫です。周りのフォローが忙しくて鬱になる余裕がありませんから(笑


色々と疲れました。

たぶん小生は過去を悔やむ為に生きているのかもしれません。

なんて言うんでしょうか・・・あのキュンてくるようなやつとか、木の脂を嗅いだ時の様なボワーとした感じとか、悲しさを通り越したあの無力感。

近頃、記憶と共に一気にきたりします。

他人の過去の話や恋愛モノの話は正直、聞きたくありません。

あの映画とかで悲劇のウンタラとかあるでしょ、

「感動しました」とか「悲しいです」とか




みんな消えうせろ



なんて最近思ったりするんですよ(笑

現在進行形なら何とでもなりますが、物語りとかはどうしようもないでしょ。


なんていっても、何にもならず、何の為に書いているのかも訳ワカメです(笑

まあ、ストレス解消って所でしょうか。



・・・読み返しましたがやっぱり訳分らんです。

(-ω-;)

テーマ=ひとりごとのようなもの - ジャンル=日記

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


20世紀少年が実写映画化するそうです!(携帯○) ++++++++ 好きなやつ総合

2006/12/03 02:24

凄いですね~!

映画ですよ、映画!

小生、この漫画の大ファンなので大変嬉しいです!

単行本にチョロット言っているだけなので詳細は分りませんが
とても楽しみです。

今回は実写ということで、かなり俳優人選びは大変かなと思いますが、この漫画の登場人物は「あの人が元だな」と思われるのが少々あり、そのまま、その人物がなっていただけたら、小生個人としてはとても嬉しいです。

例をあげると

○春波夫 ⇒ 三波春夫(故人)

○敷島教授 ⇒ 大槻教授

○敷島レナ ⇒ 田中麗奈

○渡世人 ⇒ 高倉健

○中畑先生 ⇒ 吉岡秀隆

特に中畑先生はこの人以外は出来ないと思います。
でも、キャラ自体カットされる可能性大です(-ω-;)
個人的にはとても重要たと思うのですが。

あと、春波夫を誰がやるかって所も気になります。
三波さんはもういませんからね。楽しみです。

それにしても、この作品を実写化するとは思い切りましたね。
デスノート以来のサプライズですよ。
・・・って事はアニメ化もしたりして。
だったら良いな。。。

第一部と書いてある事からして、この映画は最低でも三部構成との事が読み取れます。

近頃ブームから定着型に進化しそうな昭和30~40年代にたいしての懐かしさや憧れの思いが色々な所に出てきている昨今、
この作品もその例に洩れずブームに乗った形でヒットした感があり、
半分の展開(過去の少年たち)の雰囲気は年代がちがいますが「ALWAYS 三丁目の夕日」の様なタッチで行くのではないかなと思ったりしています。


話は代わって、この物語の中心的人物、「ともだち」

小生、この作品が観たい為にビックコミックスピリッツを本格的に読み始めた人間なので、かなりジャンキーな状態でして、

この前の最終で「ともだち」の正体がわかると思ってたのに、見事に本筋を逃げられた時にはかなりイラっとした思いがありました。。。

でも、当時、新章のスタートは来年になっていまいたが、
単行本によると12月25日号から始まるとの事がわかりました!

・・・今週号にそんなの書いてなかったんだけどな~。

まあ、それはそれとして。

かなりわからない展開になっていますからね~。

考えれば考えるほどわかりません。



☆ここから少々ネタバレ






→ more・・ ・

テーマ=漫画 - ジャンル=本・雑誌

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


やばいねぇ。 ++++++++ 日常

2006/12/02 02:32

痩せた原因が大体解りました。
ついでに手の震えも(たぶん)


どうもね、けっこうヤバイ病気にかかったらしいです。

まあ、HIVの様に人に移ったり、早期に死ぬものではないので一安心なのですが・・・。

精神もやられる可能性もあるそうで危険といえば危険なのです。

怒りっぽくなって鬱症状になるってどないな状態やねん!

体もかなり負担が来るようで、今までの体の不調もコレらしいです。

完治はするそうですが、時間と制限が色々ありまして。。。

日光ダメでしょ、興奮することもダメでしょ、お酒ダメでしょ、タバコもダメでしょ。

考えたら本当に鬱になりそうです(笑

しかも、自宅療養とか仕事とかが出来るそうです。

実に中途半端な病気ですね~。


まあ、偽善先を断る理由も出来たし、本職の作業の辛さも周りで理解してくれるようだし。

後は気力と努力でしょうか。



なんか、ぬるま湯で長風呂している気分です。

モブログにしていこうかな。ここ。


にしても、この薬・・・耳鳴りひどいよ。

テーマ=ひとりごとのようなもの - ジャンル=日記

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。