Top | RSS | Admin

2006.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2006.11


recent comments



スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


混沌としております。 ++++++++ 日常

2006/10/10 02:11

北朝鮮が核実験を行ったようで。

日取りも予想通り。

なんとも想像した通りの行動をしております。

小生には一人、あの学校に通っている知り合いがいまして。
かなり心配しているのです。

なんとも歯痒いです。

あの組織には言いたい事が山ほどあります。
しかし、それは彼相手ではないのです。
これから彼は今まで以上に嫌な思いをすることでしょう。
それに対して、何も出来ない。

何故、あの国は博打を止めないのか。
何故、原子力発電所を平和的に使わなかったのか。
何故、冷静な行動を出来ないのか。
何故、民主党は国の為の審議をせずに個人バッシングを続けるのか。
何故、小沢氏は野党野党になってしまったのか。
何故、田中さんは、あんな風になってしまったのか。
何故、議員は政府中枢以外動かないのか。

何故、社会党系議員は大きな顔を出来るのか。

何故、報道機関はワイドショー感覚なのか。
何故、韓国も日本も極論しか言えないのか。
何故、日本に暮しているのに日本を好きになってくれないのか。


何故、殆ど関係の無い人が被害にあわなければならないのか。



極論者は嫌いです。が、全員では無いのです。

色んな考え、色んな人・・・。


やはり難しいかも知れません。


まずは自分自身でしょうかね。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


北海道滝川市女児6年生自殺事件で発覚した反面教師たち。 ++++++++ 生命

2006/10/07 02:48

今回、この事件について書きたくなかったのですが

あまりにも偽証の様な、詭弁の様なことが多いので書かずにいられなくなりました。

あまりにも酷い。

こんな奴等が教育の上にいるなんて今でも信じられません。

彼らは彼女の苦しみとは関係無く
只、自分の為に
自分の地位を守る為に

彼女が命を捨てなければいけないほど精神を痛めても尚、書いた遺書を

汚いトイレで済ました後犬の何を踏んづけた靴で
捏ね繰り回し踏みつけた様な物言いで死してなを愚弄する。

そんな輩が教育現場に今もその地位を持ったままいまだに居座っているのです。

あまりにも酷い!


彼らはあの文章を読んでいる筈なのに
何故、あそこまで開き直れるのか?
本当に信じられません。




彼女の最後の思いを綴った遺書の内容を書いておこうと思います。

報道機関で流れた内容のみで書きます。




◇学校のみんなへ

 この手紙を読んでいるということは私が死んだと言うことでしょう

 私は、この学校や生とのことがとてもいやになりました。それは、3年生のころから

です。なぜか私の周りにだけ人がいないんです。5年生になって人から「キモイ」と言

われてとてもつらくなりました。

 6年生になって私がチクリだったのか差べつされるようになりました。それがだんだ

んエスカレートしました。一時はおさまったのですが、周りの人が私をさけているよう

な冷たいような気がしました。何度か自殺も考えました。

 でもこわくてできませんでした。

 でも今私はけっしんしました。(中略)

 私は、ほとんどの人が信じられなくなりました。でも私の友だちでいてくれた人には

感謝します、「ありがとう。」それから「ごめんね。」 私は友だちと思える人はあまりい

ませんでしたが今まで仲よくしてくれて「ありがとう。」「さよなら」。(後略)

 ◇6年生のみんなへ

 6年生のことを考えていると「大嫌い」とか「最てい」と言う言葉がうかびます。(中略



 みんなは私のことがきらいでしたか? きもちわるかったですか? 私は、みんなに

冷たくされているような気がしました。それは、とても悲しくて苦しくて、たえられませ

んでした。なので私は自殺を考えました。(後略)


ソースは毎日新聞 2006年10月2日 北海道朝刊












本当は知りうる原文内容をそのまま書きたい所ですが
部外者な個人がそこまでしていけないと思うので止めます。


この様な内容を見ているはずの人間が
アカラサマに嘘をつくとは如何なる神経か。

あえて言うなら
自己愛、自己保身、組織の保護。
こんな所でしょうね。





彼女が自殺したのは、去年9月9日でした。





小生、今まで生きてきた中で
いじめる側、いじめられる側、両方経験しました。


虐めにあった日々はとても辛いものでした。
一時期、自殺を考えた事もあります。

しかし、小生の場合は違うクラスだった事と
守ってくれる友人達がいたのでその行動はしませんでした。


彼女の場合は
クラス内での虐め。
味方がほぼ皆無だった事がその行動に至らせたのでしょう。


彼女は想像を遥かに超える苦しみの中にいたと思うと

・・・なんともいえません。



彼女の遺書の内容を読んだ時

愕然としました。
彼女の苦しみ痛みが切実と刻まれている文章。
それと、彼女の文章表現の高さ。
彼女は天才と言うべき才能があります。
それは命を掛けた文章だからとしても
あまりにも完成させられている。

彼女がもし生きていれば大いなる文章家として成功していたのではないかと思います。




その彼女が命がけで書いた証言を彼らは消去ろうとしたのです。


極悪な巨悪です。



安西輝恭滝川市教育委員会教育長は言ってましたよね。

「手紙の中には、友だちが少なかったこと、迷惑をかけてごめんなさいという趣旨のことが書かれていた」
「自殺の原因に直接結びつくようなことは書かれていなかった」

って。

それが

「言葉を選んで話していたのは事実。具体的なことについては触れないと決めていた」
「(いじめを訴えていたという)言葉だけが先行することに慎重になった」

言い訳臭いですね。平たく言えば

もみ消そうとしたんでしょ?


千葉潤教育委員会教育部指導室長

あなた
彼女の命を掛けた文章に対して

「(遺書に)いじめという言葉は使っていないですよね。隠しているつもりはありません。慎重にやってきました」

って言いましたよね。

じゃあ、文章に「いじめ」と書けば虐めなんですね。
あの文章を観て
「虐めなのか疑問だな。」
とでも思ったのですか?

仕舞いには
「いじめがあった事実は把握できていない。自殺の原因についても、特定できてはいない」

と、来たもんだ。

こんな人が

教・育・部・指・導・室・長。なんですって。

どこのブラックジョークですか?

イギリス人もビックリです。


夕陽会の名が泣きますよ。




で、昨日、市長の提案で

報道機関、親族に御詫び行脚をしました。

当事者の学校、教育委員会の面々の発想ではなく。




市長の気持ちはわかりませんが



教育長の態度は頂けません。

格好だけは土下座しているけど

はじめに謝ったのは市長です。

一生懸命「虐めじゃない」と言って親族を傷つけた教育長より先に。

しかも、彼の声、表情、今までの発言、行動を合わせて見ると

謝罪や適切な対応が取れなかった悔い改める気持ちではなく、

自分だけ矢面に立ち「何故、自分だけなんだ。」と思い動く「恨みの振るえ」に見えて仕方ないのです。



勿論、一番悪いのは当事者の今は中学生になった集団虐めっ子ですけど
大事になって、誠意に対応するのではなく、波を立てない様にする大人も極悪だと思います。
しかも、それは子供を教育する人間の上に立つ人々だという事が何より悪です。

このままの状況だと、また何事もなかったように消えていく可能性があります。

これは、只の虐めではなく、集団行動による人権迫害に値すると思います。

事情はあまり把握していませんが
クラスメイト16人の内の大半が一個人に対して屈辱する。
あまりにも酷い。
クラス担任の先生に対しては同情いたします。
忌まわしい過去がまた浮上し、舞台に上がらずとも中心にいる状態になる。
色々対応した事でしょう。
しかし、上手くはいかなかった。

先生はこれから一生この事件の碇を背負いながら生きていかなければなりません。

夕張は今、大変ですからね。
頑張っていただきたいです。



河江邦利校長は・・・。


頑張って「無かった事」にしようとしているように見えますな。

詳しく書かないけど。







最後に

滝川市は

「第1回 滝川市小・中学校のあり方に関する検討懇談会」
を延期しました。



それで、気になる箇所があるのですよ。

更新すると削除される可能性があるのでこちらに残しておきます。





「第1回 滝川市小・中学校のあり方に関する検討懇談会」を延期します。



   ◆予定しておりました懇談会は、この度の市内小学校女児の自殺の件で、当方の開催準備が整わず
     延期させていただきました。誠に申し訳ございませんでした。

   ◆検討内容  市内小・中学校の適正配置に関する検討
             (いじめ等に対する問題の検討を行う会ではありません)

     ※傍聴される方は、入口の傍聴人受付簿に所定の事項を記載願います。



更新日 平成18年10月5日 












逃げたのでしょうか?

テーマ=気になるニュース - ジャンル=ニュース

トラックバック(0) | コメント(4) | top▲


実体験の危険で自然になったダイエット(真似スンナ!) ++++++++ 日常

2006/10/04 01:40

ショッパラからこんな話題でどうなんだろと思いましたが書いてしまいます。

これは「やろう!」と思って出来る類のモノでもありませんが、危険ですので行動には移さない様お願い申し上げます。

では、書きます。

今年の札幌は例年にない暑さでして、小生、連休中にビヤガーデンに行ったのです。
まあ、最終的に独りで飲んでたのですが。
で、大ジョッキ3、4杯飲んで、街を歩きまして・・・。

気が付いたら道で寝てまして。

で、家に帰った後が大変で、帰りに飲んだカルピスウォーターが逆流ですよ。
勿論、トイレで。ですけど。
その後は尋常じゃないほど喉が渇いて、ずっと水飲んでました。
勿論、下の方・・・大の方も水分で出まして。(下品で御免なさい)
その時に無性にフルーツ入りゼリーを食べたい衝動に駆られまして。
その他の食べ物をあまり食べたくなくなったんです。

夏の暑さと発散した汗と食欲の無さが幸いしたせいか、

一ヶ月で8㌔位痩せました。

凄いね~。





要因としては

◎たくさん水を飲んで、たくさん汗をかいた。

◎それに加えて胃袋が小さくなった(かもしれない)。

◎日頃しない事をした。

◎酒が脳に作用した。

◎寝ている間に何かされた。

◎呪い。

◎糖尿病末期(これが一番怖い)。

◎新種の病気(どうしようもない)。






まあ、最初の要因が正解でしょうね。







で、その経過と色んなゴダゴダと色んな要因が重なりまして。

ず~っと食が細かったんです。

そして、もっと痩せました。














まあ、具体的に書くと

 ◎夏の始め頃の体重
         76㌔前後

 ◎現在の体重
       61.7㌔ぐらい











ぬふう。









急激に痩せすぎです!

体に悪いです!


小生は元々身長が高く筋肉量も少なかったので、

その体重でしたから、


極めて悪いです!







なんでこんなに減ったんだろ。



小生の今後の課題は


筋肉つけて

加えて少し肥る事!





なんか、リバウンドが怖いんだよな~。

テーマ=ダイエット - ジャンル=ヘルス・ダイエット

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


更新しはじめます。。。 ++++++++ 日常

2006/10/04 01:23

久しゅう御座います。

小生です。

前に言っていたブログ内の写真ですけど、
データが入ったカードを無くしたので少々時間が掛かるみたいです。
まあ、誰も気にしていない所か関係ないって感じでしょうけど。

で、何だか調子が良くなったみたいで、もうソロソロ更新を多めにしようかなと思っていたりなんかしちゃったりしています。

ま、報告までに。

(-ω-)ノ

テーマ=お知らせ - ジャンル=ブログ

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。