Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


recent comments



スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


【韓国】クローン狼にも捏造疑惑発生!黄(ファン)氏、またもや(禹錫)ウソク? ++++++++ 国際関係

2007/04/10 03:28

いや~。
小生ね、心配していたのですがね。
やっぱり出ちゃったみたいです。


クローンオオカミでねつ造疑惑、調査着手 韓国ソウル大
2007.04.09
Web posted at: 22:00 JST
- CNN/REUTERS


ソウル──韓国ソウル大学獣医学部の研究チームが今年3月、クローンオオカミに成功したと発表した論文で、データの誤りがありねつ造疑惑が浮上したとして、同大学は9日、疑惑解明に向けた調査に着手したと発表した。


論文は、世界で初めてチョウセンオオカミのクローンに成功したという内容。研究には、ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)に関する論文で、データのねつ造が発覚して大問題になった黄禹錫(ファン・ウソク)元教授も参加していた。


ソースはCNN日本語版





ね~。

びっくらこきましたよ。

まあ、今のところ、詳しくは分かりませんが、形的には前回のES細胞捏造事件に似ていますねぇ。

さて、今回のクローンオオカミ。
「何のこと?」と知らない方も居ると思うので小生が割愛してまとめてみます。



え~。
事の発端は2005年8月。
ソウル大学獣医学部の李柄千(イ・ビョンチョン)教授の研究チームが世界初のクローン犬「スナッピー」を誕生させたことが始まりと考えてよいでしょう。

彼らは雌犬のクローンも成功させ、次にこの技術を絶滅危惧されている「チョウセンオオカミ」にも応用できると「クローンオオカミ」の研究に着手しました。


そしてココからが本題。
去年の12月18日、同研究チームが韓国でクローンオオカミの誕生が成功して論文も作ったけどES細胞捏造問題で世界的な雑誌に掲載してもらえない(?)との情報が流れました。

内容は雌のオオカミの皮膚細胞の核を取り除いた犬の卵子を融合させてクローン受精卵を作り、その後、代理の母(犬)に付着させ雌のクローンを2匹誕生させたとの事。
同研究チームはその論文をクローン犬の時に取り上げて貰った「ネイチャー」誌に投稿したが前に言ったES細胞捏造に関わっていた黄禹錫(ファン・ウソク)氏の名が論文に含まれていた為、拒絶されたそうな。

その時点では証拠は写真だけでマユツバ物だったけど

今年3月26日、同研究チームは世界初のクローンオオカミ「スヌルフ」と「スヌルフィー」(何か発音がスヌーピーに似てるような・・・)の姿を公開しました。

スヌルフは2005年10月18日、スヌルフィーは同年同月26日誕生した、この2頭は絶滅危惧種のハイイロオオカミの体細胞を複製し生まれたとの事。

韓国国内は大騒ぎ、動物復元が出来るとか新薬開発に使えるとか、動物クローン技術で韓国は世界をリードしているとか。


で、今回の捏造疑惑発生。

今の段階ではクローンオオカミの成功率の改ざん等が指摘されていますが
さてはて、これだけなのか・・・それともまだあるのか。

現状は「前門の虎、後門の狼」と言ったところでしょうか。

「狼少年」止まりならいいのですが・・・。

二度目は不味いですよねぇ。
スポンサーサイト

テーマ=気になったニュース - ジャンル=ニュース

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


黄禹錫(ファン・ウソク)氏、またクローン研究をするそうです。 ++++++++ 国際関係

2006/08/20 22:40

この記事を書いている途中にWEBページが戻り記事が全てオシャカになり
気分が途轍もなくブルーな小生が来ましたよ。

これだからノートパソコンは・・・。

はい、気分を取り直して。

ま、早い話、NHKで黄氏の番組をやっているのを見てたら書きたくなった。
そんなとこです。


黄禹錫氏、クローン研究再開


 黄禹錫(ファン・ウソク)元ソウル大教授がソウル九老洞デジタル団地に研究室を開設し、クローン関連の研究活動を再開した。

 18日、科学技術部によると、黄前教授は先月14日に科技部から財団法人「雌牛生命工学研究院」設立許可を受け、ソウル九老洞デジタル団地に150坪規模の研究室を開設した。ソウル大関係者は「黄元教授研究チームの中で、イヌ・ウシ複製チームはソウル大に残り、ブタ複製・ES細胞研究チームはほとんどが合流したと聞いている。人間の幹細胞研究が事実上不可能になった以上、臓器移植用のミニブタ研究が中心になるだろう」と述べた。

 ブタ複製チームは、人体に臓器を移植する際に免疫拒否反応が起こらないように遺伝子が変形したブタを複製し、幹細胞研究チームは臓器移植前に豚幹細胞を樹立し細胞レベルで安全性を検証する計画だという。

 合流した研究員は、黄元教授と共に研究活動に従事していた大学院生15名と研究補助4名。

 博士学位保持者はブタの幹細胞研究で学位を得たキム・ス研究員のみで、残りは博士課程履修中あるいは修士卒の研究員で、幹細胞チームリーダーだったクォン・デギ研究員は現在まで合流するか決めかねているという。

 黄元教授チームのある関係者は「デジタル団地研究室に合流したのはほとんどが黄元教授を慕って大学院に入った学生達で、合流するかどうかについて葛藤はなかった」と話した。

 雌牛生命工学研究員理事長は黄前教授と同郷(忠清南道扶餘)として知られるパク・ビョンス雌牛奨学財団理事長兼㈱SUMAGEN会長が就任した。

イ・ヨンワン記者

朝鮮日報
記事入力 : 2006/08/19 12:28



ん。

捏造しないで下さいね。

あと、あまり関係ないのですが
この記事を最初に見たときは、もっと長く写真も無かったような気がしたのですが・・・。

ま、いいや。


最後にひとつ。

BSEにかからない牛はどこいった~?

記事はこれ。

テーマ=韓国について - ジャンル=政治・経済

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


映画『韓半島』を日本で上映しよう! ++++++++ 国際関係

2006/07/16 01:23

韓国で現在、絶賛上映中の映画『韓半島』

なんと初日で23万人の観客動員数を記録してしまいました。

以前取り上げた時はフェードアウトしてくれるかもと思っていましたが・・・。

みごとに創りあげました。

このままだと[JSA][ブラザーフッド][シルミド]を追い越す勢いです。

そう、大ヒットなんです!

韓流ブームと言われている昨今、この映画を見逃してはいけません!

色々問題はあります。

しかし、だからこそ紹介しましょうよ!

韓国でこの映画がヒットしているって。

そして、観ましょうよ!

観なければ感想もいえません。

出ている俳優のチョ・ジェヒョン氏だって「映画はあくまでフィクション。フィクションを否定すれば、現在を認めないのと同じ。フィクションの世界を観客が共感できたら成功で、共感できなかったら失敗というだけのこと」

って言ってるじゃないですか。

日本に持って来ましょ!

観ましょ!





ちなみに、内容を短く書くと、

設定は仮想の近未来。
南北関係が改善し、京義(キョンウィ)線鉄道の開通という歴史的イベントが開かれるのだが、
日本が1907年に大韓帝国と結んだ条約を根拠に、京義線運営に関するすべての権限が自国にあるとして、鉄道を開通すれば借款と技術提供をしないと言い出した。

で、戦うわけです。正義の韓国が。

そして、過去の日本がしたと韓国で言われている悪行をベースに描いているようです。


観てみたいでしょ!

色んな意味で。



映画配給会社の皆さん!
ヒットはしますよ!

韓国映画好きなんでしょ?
紹介しませんか?
おすぎさん!



皆で日本の映画館で

[韓半島]を観ましょう!


抗議はその後でも遅くはありません。



最後に。
この映画が韓国の教材にならない事を祈ります。

テーマ=韓国映画 - ジャンル=映画

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


北朝鮮のミサイル連射と誤報と12発の話とおまけ。 ++++++++ 国際関係

2006/07/05 23:18

昨日、冗談半分で

「スペースシャトルを打ち上げた時にテポドンが撃ち落したりして。」

なんて冗談を言ったら

本当に撃っちゃったもんだから、
何か預言者扱いされた小生が来ましたよ。


韓国の拉致問題もすっかり吹っ飛びましたね。
…ミサイルだけに…

って事でね。
小生、朝っぱらから母親に叩き起こされまして。
「言ってたこと当たったよ」って。
出勤中も友人からかかって来るし。
変なこと言えませんね。

よくよく考えればアメリカの独立記念日とスペースシャトル打ち上げが重なっていて、打ち上げるにはモッテコイの日だったのかもしれません。

あ、ついでに言うと、今回はかなり報道に誤報が多かったです。
今日に関連した事を探したいのは分かりますが誤報はいけません。

なかった事のように流されているので訂正文を書いておきますね。

 ①×明日はブッシュ大統領の誕生日
       ↓
 ○一週間後の7月12日が誕生日
 御免なさい、7月8日でした。

②×金日成の誕生日
    ↓
 ○誕生日は1912年4月15日
  亡くなった日は7月8日


うん。
麻生大臣も「キム・・・何とかの誕生日」ッぽい事を言ってましたね。
にしてもすごいど忘れですね・・・もしかしてワザとですか?
ちなみに
今日の誕生日の人は
ドリフターズの仲本工事とかペナルティーのワッキー
クローン羊のドリーなんかもいます。
面白誕生日です。

話を戻して
今回はスカッド、ノドン、テポドン2を打ち上げたみたいです。
ちなみに「ノドン」って「労働」って書きます。
北朝鮮らしいといえば、らしいネーミングです。

周りの国が「撃つな」と言っていたのに撃ってしまった今回の事件
今まで北朝鮮の味方になっていた国も辛抱尽きた感がします。

ロシアにおいては、ほぼ全て自国海域に落ちたようですが

・・・かなりご立腹のようです。
テポドン2と思われるミサイルがロシア領域に向いていた事や
打ち上げのときに連絡がなかった事もプラスしたようです。
ロシア議会の下院議長なども表立って抗議しています。

いまいち北朝鮮の向かいたい方向が分かりません。
「俺たちは本気だぞ!」
との、メッセージを送りたいなら
安倍官房長官が会見を行っている最中6発目を撃つ必要もなかったし、
5時ごろに7発目を飛ばす必要もなかった。
それどころか、北朝鮮国連代表の韓成烈(ハン・ソンリョル)次席大使も
「分からない」
と答えてしまう。
全然分からないです。

ちなみに韓国の野党ハンナラ党鄭亨根(チョン・ヒョングン)議員は
「北朝鮮が発射したミサイルはテポドン2号1発をはじめ、スカッドミサイルと労動1号・2号など、計12発であったことがわかった」
と、言ってます。

12発ですって。

その議員によると
スカッドミサイルは韓国
ノドンは日本
テポドン2はアメリカを狙ったそうです。


話は変わって
経済制裁の為に万景峰号が入港禁止になった話ですが

朝鮮総連が真っ先に抗議しましたね。
やっぱりと言っては何ですが、
アレは絶対良くない対応だと思います。
言い分は理解できますが、妥協点の無い抗議文は
今までなら通用したかも知れませんが、
今回は逆効果以外の何者でもありません。
ハッキリ言って同胞の方々に不利な状況を与えるだけだと思います。
立場はあると思いますが今こそ現実を見なければならない状況だと思います。
無理なら仕方ないですが。

後は韓国政府がどう出るかですね。



おまけ

読んでいる皆様の殆どは知っているようですが
北朝鮮の衛星写真がグーグールで観れます。
グーグル

個人的には、かなり変わった形の建物があって
トテモ見に行きたい気分になります。

国交が正常化したら建物の見学に行ってみたいですね。








最後に

兎に角、北海道には落とさないで!

テーマ=北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル=政治・経済

トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


テポドン2と韓国政府と韓国拉致家族 ++++++++ 国際関係

2006/06/27 23:30

旬な話は旬な内に書いておかないとね。

って事で書いておこうかなと思います。

まずは、テポドン2問題に何故、韓国の見解が報道されないのか?

手っ取り早く小生の考えを言うと
大統領の見解が発表されてないので報道しにくいようです。

小生が把握している内容からすると、
韓国政府と報道機関の考えに温度差がある。
政府の方針としては
[韓国内外のマスコミが北朝鮮のミサイル問題に関し騒ぎ過ぎている]
との形をとっているようです。
いつもながら日米批判もしているようで。

与党議員たちも問題の大きさから
「国民に説明できない」
「北と組んでると思われたくない」
との思いから
政府に批判の意見を表立って発言しています。

小生行きつけの朝鮮日報も今までにない政府批判。
こんな韓国報道見たことありません。
今までは政府の方向しか見ていないのが殆どだったのに…。

現政府である盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権はかなり危機的状態と思われます。

…だとしたら今後政府はどのような行動を起こすのでしょうか?

一番彼らにとってベストなのはテポドン2の問題が解決する事。
しかし大統領の訪問はキャンセルしたし、外交の人間も国際的に見ても入りにくい状況。
北にも韓国にも痛みのない解決方法が起き難い。
…ただ一つの方法を除いては。

それは拉致被害者の北朝鮮訪問。
横田めぐみさんの夫と見られる金英男(キム・ヨンナム)氏に会いに
母・崔桂月(チェ・ゲウォル)さんと姉・金英子(キム・ヨンジャ)が
北朝鮮に明日行くのです。
…小生としてはこの時に何かを両者共に用意しているような気がします。

そもそも、この親子…と言うか姉の金英子さんが、何かあるような気がしてならないのです。
いやね、韓国の報道映像を見たときも思ったのですが、日本の報道機関に取材を受けたときの対応が母親を操っている感じがしてならなかったのです。
まあ、来る前から広報担当の人間のように一番発言していた人ですが。
母親に質問をして回答しようとした時
母親を制止して姉が母親の意見を言ったり
その後、母親が体調が悪いといって全部姉や家族会会長が答えたり。
今日は日本の報道機関は全て取材拒否したり。
他にも色々あるのですが民族性の違いかもしれないので書かないでおきます。

何か下手な演劇を見ている感がしてならない今日この頃。

テーマ=北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル=政治・経済

トラックバック(0) | コメント(1) | top▲




| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。